こんにちは。こども研究家のふるやなです。

モンテッソーリの金ビーズを使って、子供に足し算の概念を提示したいのですが、、、価格がネックでして、、、

ちゃんとした金ビーズの価格はこちらをご覧ください。ずっしりとした良いものです。

 

1000の位の足し算をしたいので、このくらいの量欲しいんです。

これでもまだ、私にとってはちょっとためらう価格。

 

モンテッソーリの販売サイトでも、数が増えると金ビーズの代用品として木製の板やブロックになるので、そんな感じのものがもっと気軽に手に入れば良いんです。

似たようなものでいいから、何か思考の助けになるものを用意したいなぁ・・・

 

というわけで、今日は100均に行って1000の立方体を自作した話です。

専門家の方には怒られるかもしれません。。備忘録代わりに残しておきます。

今までにやったこと

以前に厚紙でサイコロのようにして金ビーズふうの立体を作ったのですが、今は踏まれてしまい、ありません。

紙製のサイコロだと、やっぱりボコボコして見た目が揃わないんですよね。私の作り方が雑なのかもしれませんが。

 

挫折して、買いました。その時買ったものが出てこないので新たに検索していたところ、うわぁぁぁなんだこれ激安!

それでも、1000のビーズが1個だと足し算するにはやっぱり足りません。

 

私が以前に購入した、似たようなプラ製の1000のビーズが7.8ミリ角なので、それに合わせたい。

そこで、安く手に入る、約8センチ角の立体を探しました。使えそうなものを書いておきます。

1000の金ビーズ(立方体)になりそうなものまとめ

1000の立方体の代用品 1:段ボール

76×76×77ミリの段ボール。ほとんど立方体です。中身が見えず、重さ調整しやすいのはメリット。

1000の立方体の代用品 2:ギフトボックス

透明なギフトボックスにも似たサイズのものがありました。

1000の立方体の代用品 3:コレクションケース

きちんと立方体に仕上げたいなら、こんなかっちりしたクリアケースも。ただし97ミリ角です。

1000の立方体の代用品 4:キューブケース

セリアで買えます。近場になければネットが便利ですね。

 

デメリットは、箱型なこと。一面分が空いてます。

伏せて使うか、口を覆う工夫が必要です。

私はキューブケースを選びました

金ビーズの芯材としてのキューブケース

さっそく近場のセリアに行って、10個購入してきました。税込1100円也。

これで10000まで具現化できる予定です。

なぜキューブケースを選んだかというと、提示が終わったら家の片付けに使おうという、せこい下心が消せなかったからです。

貼り付ける用紙のダウンロード

1000cube2のサムネイル
黄色
1000cube3のサムネイル
金ビーズふう
1000cube1のサムネイル
モノクロ

お好きなものをダウンロードしていただき、側面に貼り付けてください。

のりしろは限りなく少なくしました。もし必要な方は、のりしろを含めて大きめに切り取ってください。

このまま組み立ててサイコロ状にしても使えますが、強度をもたせるならやはり、キューブケースのような芯材を入れたほうが良いです。

こんな感じになります。

中に入れるタイプの用紙のダウンロード


あれ、これ中に入れるだけでも良い感じなんじゃない?

と、作りながら思ったので、途中で中に入れるタイプに変更しました。
1000cube4のサムネイル

1000cube5のサムネイル

1000cube6のサムネイル

外側はつるつるになるので、手触りが良いです。

さらに、1ミリ大きくして、大きいパーツを組み合わせて差し込めば、糊付けしなくても落ちてこないんじゃない?と思いつきました。

そこで作った1ミリ大きいサイズがこちら。

1000cube7のサムネイル 1000cube8.のサムネイル1000cube9.のサムネイル
こんな感じになります。うん、切って差し込むだけなので楽で早い!

気になる開口部はこんな感じになります。

さいごに

なんちゃって1000の立方体の作り方を書いてみました。

内寸のサイズ調整に時間をくったので、こんなことしてる間にお金を稼いで買う、という手もあったのでは…?と思ったりもしましたが。

とにかく完成しました!