こんにちは。こども研究家のふるやなです。

嬉しいお知らせです。

なんと、プロのCAD技術者が教材づくりを手伝ってくれることになりました!

わーパチパチパチ(拍手)

せっかくなので CAD 技術を使って、立体の切断をわかりやすくする教材を作ってもらいました。立方体のこの点を通って切ると、どんな図形ができますかっていう、中学受験くらいに出てくるあのややこしい問題です。

幼児向けではないと思ったのですが、5歳の長男が何故か喜んでやっています。

切って貼ってくっつけるこの立体模型で、空間認知能力を鍛えられるかもしれません。

立体の切断模型:まとめてダウンロード

作った立体の切断模型は、二等辺三角形・五角形・台形・六角形・平行四辺形の五種類です。
まとめてダウンロードはこちら。

立体の切断模型_幼児-結合済みのサムネイル

漢字だけで書いた、中学受験向けも作りました。
立体の切断模型_中学生-結合済みのサムネイル

詳しい解説や練習プリントはこちらのサイトがわかりやすかったです。

イラスト入りでわかりやすい!立体切断の基本【無料プリントあり】

ひとつずつダウンロードする場合は、以下の説明をご覧ください。

立体の切断模型:二等辺三角形

立方体_2等辺三角形_幼児のサムネイル

立体の切断模型:五角形

立方体_5角形_幼児のサムネイル

立体の切断模型:台形

立方体_台形_幼児のサムネイル

立体の切断模型:六角形

立方体‗正六角形_幼児のサムネイル

立体の切断模型:平行四辺形

立方体‗平行四辺形‗幼児のサムネイル

4辺の長さがすべて等しい場合は、ひし形です。

市販品の立体の切断模型

幼児なのでカッターや包丁を使わない方法、と考えて立体の切断模型を展開図にしました。

やっぱり作るの面倒!という場合は、メラミンスポンジとか消しゴムとか豆腐とかを切り刻んでもいいと思います。

こんな教材もありますし。

透明の立方体ケースに、切断面の形の厚紙を入れていきます。うまくはまればビンゴ。

ただ、切断面を入れるという特性上、「こう切ったらどんな形になるでしょう?」はうまくできません。

ちょっとお高いですが、こんなのも素敵だと思います。色が綺麗だし、子供は触りたがるかも。

最後に

頭の中でぐちゃぐちゃ考えるより、実際手を動かすと理解が早いです。

空間認知能力を幼児のうちに鍛えておくと、将来の勉強のベースになります。頭のいい人は、科学を立体でとらえたり、頭の中で立体が拡大したり回ったりするそうですよ。
少なくともこの立体の切断は、将来ダイレクトに勉強で出てきますし。

この立体の切断模型、組み立ててみたら、くっつけたりいろいろな角度から見て遊んでみてください。

作ってみたら感想コメントをいただけるとありがたいです。例の技術者が、もう何とも喜びを隠せない顔でニヤッとすると思います。どうぞよろしくお願いします。

スポンサードリンク