こんにちは。こども研究家のふるやなです。

今回ははさみだけで切り絵を仕上げられる本、『ハサミでかんたんからくり切り絵』をご紹介します。

作者は小宮山逢邦(こみやま-ほうぼう)さん。切り絵作家さんです。

はさみだけで切れるのですが、なかなかハイレベルです。

『ハサミでかんたんからくり切り絵』

おすすめポイント

完全にはさみだけで切れる

タイトル通り、はさみだけで仕上げることができます。

そのまま切れる

図案が印刷された折り紙がついていて、点線で切り離して切り絵をするスタイルです。

1つの図案につき1枚。

折り紙はすべて柄つきなので、簡単に美しいものができあがります。切った本人も満足げ。

巻末に下絵図案がまとめてあるので、一通りやってしまった後は下絵をコピーして、折り紙にホチキス止めして使います。下絵の使い方は本には詳しく書いてあります。

図案が渋い

基本的に大人向けなので、紋様図案だったり干支だったり、容赦なく渋いです。ものすごく和風。でもそこが良いところ。4歳児が切ったとは思えない作品ができました。

子供と切る際の注意点

難しすぎるものもある

特に後半、かなり込み入った図案があります。
切り絵大好きな4歳児でも、途中であきらめてしまうものもありました。

大人が見ても「うわ、すごい」と思うレベルです。

まとめ

この本のいいところは

  • 完全にはさみだけで切れる
  • そのまま切れる
  • 図案が渋い

英訳付きなので、ホームステイの時など海外へのおみやげにいい!という口コミもありました。納得できます。

ただ今見ると、この本絶版になってるようです。同じ作者さんのものがいくつかあるので、あげておきますね。

スポンサードリンク