こんにちは。こども研究家のふるやなです。

子供が初めてはさみを使う時、「指切らないかな」「ちゃんと切れるかな」と、見守る側もどきどきハラハラしますよね。

初めてはさみを使う時の注意点をまとめてお伝えします。

後から注意してもあまり聞き入れなかったりするので、約束は最初が肝心です!

初めてはさみを使う前に

はさみを初めて使う時、子供に伝えるべきポイントを4つにまとめました。

1.危険性を認識させる

はさみを使う前にまず、刃を見せて「これは危ないものである」ことを伝えます。

2.はさみの受け渡し方法を教える

次に、はさみの受け渡しを練習してください。ポイントは刃先を持って受け渡すこと。刃先は自分を向くようにします。

刃先を人に向けないこと、持ち運ぶときも刃先を持つことを伝えます。

 

ちなみに、海外のモンテッソーリの教え方では、刃先を下にして、はさみを立てて受け渡します。

「相手も自分も大事にする」という意味なんだそうです。

でも、日本では刃先を自分に向けるのが「普通」なので、日本式で教える方が周囲になじみやすいのではと思います。

3.はさみを使うときの約束をする

いくつか約束をします。

  1. 必ず座って使うこと
  2. 切っているところをしっかり見る(よそ見しない)
  3. 危ないものなので、使ったら片付けること
  4. 刃の部分は触らないこと
  5. はさみを持って走らないこと

家庭によって、お好きな項目を追加してくださいね。

4.はさみを使うコツを教える

それから、はさみを使うときのコツもいくつか伝えます。

  • 刃先に指を持っていかない
  • 脇をしめる

最初は切り落としから始めます。

レベルアップしてきたら

  • 左手で紙を動かしながら切る

などを、子供の様子を見ながら伝えていってください。

まとめ

初めてはさみを使うときの注意点をまとめました。

初めが肝心なので、使い始める前にしっかりと伝えてあげてください。

あなたとお子様のはさみライフが楽しいものになりますように!

 

当サイトのはさみの練習プリントはこちらからどうぞ。

はさみは何を基準に選んだらいいの?という方はこちらを参考にしてください。

スポンサードリンク