モンテッソーリの金ビーズが欲しい!でも高価!!
なんとか手作りできないかな・・・

こんにちは。こども研究家のふるやなです。

モンテッソーリの算数教育の中で、ひときわ魅力的な金ビーズ。

でも金ビーズ、買うとなるとちょっと手の出ないお値段なんですよね。

その分作りもしっかりしているし、特に1000の金ビーズはずっしり重たくて美しく、存在感ばつぐん。
これが1000だ!大きい!重い!と視覚でも触覚でも、腑に落ちます。

何とか手作りで金ビーズを作れないかと、いろいろやってみました。
条件は、安いこと、きちんと見えること、接着剤を使わないこと。

金ビーズ手作り方法1:ビーズを使う

金ビーズ、というくらいなので、まずはビーズで作ることを考えました。

ネットで金ビーズを手作りした例を探すと、まず10の棒を作り、それを接着剤でかためて100や1000を作る人が多いようです。

でも、接着剤の臭いが苦手な私は、できればワイヤーだけで固定できないかと考えました。

ビーズを探したのはユザワヤ・パーツクラブ。

結果、ビーズを1000個そろえる時点で結構お金かかるな!とあきらめました。色や形にこだわらなくても、安くて3000円は越えます。そもそも、店舗にはそんなに大量の同じビーズは置いてない。あっても、ロットが違うと色が微妙に変わる。

しかしこの記事を書こうとして調べたところ、いいもの見つけました!
こちらの卸問屋で金色のビーズを大量購入できます。安いです。

金ビーズ手作り方法2:BB弾を固める

「モンテッソーリ 金ビーズ 手作り」などでネットの海を漂い、こちらのサイトで見つけた方法。
見た目がとてもきれいです。

グルーガンで固める、という方法もありますね。
グルーガンなら瞬間的に固まるので、うまくつく素材なら、接着剤より簡単かも。

金ビーズ手作り方法3:梱包材を固める

丸くて小さなもの・・・と考えているうち、発泡スチロールの梱包材を思いつきました。
あれなら安い!

百均に行くと、5000個くらいは入ってそうな袋がありました。早速購入。

でんぷんのりで固めていきます。

並べていて気付きましたが、発泡スチロール玉ってかなり大きさがバラバラです。1つ1つはちょっとした違いでも、10個並べると結構違いが目立ちます。思った以上に棒の長さがバラバラ。まぁ、とりあえずできるとこまでやって乾かします。

翌日・・・

嫌な予感はしていましたが、やっぱり。かわいそうなことになっておりました。

端からめくれ返っています。持ち上げると取れるし(泣笑)

まとめ

安く、美しく、簡単に、モンテッソーリの金ビーズを手作りしたい、という野望は私には無理でした。

こんな商品を買うのが妥協点かもしれません。

1000の中身は空洞らしく、重さが比例しないのが残念だというコメントが多いです。
でも、敏感期にはタイミングが勝負!無いよりずっとましですよね。

後日、金ビーズ風の立体を紙で作れば簡単かも!?と思いつき、作ってみました。型紙も作ったので、明日アップします。

スポンサードリンク