こんにちは。こども研究家のふるやなです。

家にあるもので楽しく知育、がモットーのゆびさきクラブ。
今回はどのご家庭にもあるトランプを使って、知育効果もねらえる簡単なゲームを4つご紹介します。

七並べなど、よく知られているゲームにオリジナルルールを加えることで、5歳の幼児にもわかりやすくしました。より簡単に、楽しめるように。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



ぶたのしっぽ

ジョーカー以外のカードを、丸くドーナツ形に並べる。
一人ずつ順番にカードをひいて、場の中央に重ねていく。

前の人がひいたカードと同じマークだったら、場の中央に重なっているカードをすべてひきとる。
最終的に、持っているカードが一番少ない人が勝ち。

子供とトランプで遊ぼう!と思い立って、何ができそうかネット検索しました。
幼稚園児でもできる、簡単なトランプで調べて出てきたのがこの「ぶたのしっぽ」でした。
確かに簡単でわかりやすいです。注目するのはマークだけなので、数字が読めなくても遊べます。
数が数えられるなら、最後に手持ちのカードを「数える」、だれのカードが「多い少ない」という知育効果もあり。

ルールとしては一番少ない人が勝ちなのですが、長男五歳児は
僕もカードもっと欲しいー!と言い出したので、ルール変更しました。

オリジナルルール
最終的に、持っているカードが一番多い人が勝ち。

実際プレイしてみると、同じマークが出るな出るな・・・!と思いながらひくより
これと同じマーク出ろ出ろ・・・!と思う方がわかりやすいし、メンタル的にも良かったです。

ババ抜き

ジョーカーを一枚だけ入れたカードを、全員にすべて配る。
ペアになったカードを場に捨てる。
隣の人からカードを引き、ペアになれば場に捨てる。隣の人にひいてもらう。
これを、カードがなくなるまで繰り返す。

同じ数字を探す、ペアリング要素のある遊びです。

しばらくは隣の人が面倒をみてやる必要があると思います。

オリジナルルールジョーカーを最後まで持っていた最後の一人が勝ち

長男(五歳児)は「ジョーカー欲しい!」
ジョーカーを取られたら悔しくて泣いていました。
ジョーカーへの執着心を生かしてやろうと、ジョーカーを最後まで持っていた人が勝ち!というルールに変更しました。
すると、ちょっと雰囲気の暖かい、全然別なゲームになってきました。
ジョーカーを守りたくなるんです(笑)

七並べ

カードを全員にすべて配る。
7だけを場に出し、縦に4枚並べる。
7から順番に、1枚ずつ並べていく。一番早く手持ちのカードがなくなった人が勝ち。

オリジナルルール手持ちのカードをすべてオープンにします。各自、自分の前に、手持ちのカードをすべて表向きにして並べます。

何がいいかというと、まず第一に子供の面倒が見やすい。「このダイヤの6、ここに出せるよ」なんてアドバイスが全員から入れられます。子供にもゲームの流れがわかりやすくなります。

次に、あからさまなイジワルがしにくい。いつまでも8を出さなかったりしているのが全員にすぐ丸わかりです。
大人同士の駆け引きは楽しみつつも、子供に配慮しながら遊べます。

神経衰弱

カードをすべて伏せて並べます。
一人ずつ順番に、2枚ずつカードを表に返します。違う数字ならまた裏返して次の人へ。同じ数字が揃えばカードを引き取ります。揃った場合はもう一度、2枚表に返すことができます。
場のカードがすべてなくなったら終了。手持ちのカードが一番多い人が勝ちです。

七並べからの流れでやるのがおすすめです。赤だけ、とか7まで、とか枚数を調節するのが簡単なので。

オリジナルルール単純にカードの枚数を減らします。

まとめ

5歳の幼児と遊べる、簡単なカードゲームを4つご紹介しました。

トランプゲームって意外と高度な知育遊びかもしれません。

  • 数字を読むスピードがアップする
  • カードの枚数を数える
  • 誰のカードが一番多い・少ないを考える
  • カードを並べたりきったり配ったり、ゆびさきをよく使う

今まで普通に遊んできたトランプゲームも、幼児にとっては難しいポイントがあるんだと知りました。絵札の読み方や、1はエースと呼ぶことも、初めてだともちろんわかないんですよね。
一般的なゲームでも、もっと5歳児にもわかりやすく、みんなで楽しく遊べるようにするために、オリジナルルールを加えました。

こんなグッズがあれば素敵!子供でも簡単に扇形に広げられるカードホルダーです。

幼児にとっては、自分で扇形にカードを広げるのが難しいのです。それでも、カードをうまく持てないのが悔しくてゲームに集中できないのは本末転倒ですしね。

他にも何か楽しく遊べるアイデアがあればぜひ教えてください!

当サイト人気NO1!シール貼り台紙の無料ダウンロードはこちら

管理人”こども研究家ふるやな”はこんな人?
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク