日本の離乳食の常識って何だったの!?

世界保健機関(WHO)の推奨している離乳食(補完食)の進め方を読んで、焦りを隠せないふるやなです。

どうしよう、うちの子まだ間に合うかな?

母乳育児の話なので、うちの子ミルクなんですけど、という方はまた後日改めて。

とりあえず情報シェアしますね。

スポンサーリンク



「離乳食」ではなく「補完食」

「離乳食」って日本独特の考え方らしいです。
「離乳食」というと、離乳、つまり母乳を卒業してごはんで栄養補給をする練習、みたいな印象ですよね。

世界の流れは「補完食」。母乳で足りなくなってくる栄養を補う、という考え方です。

6ヶ月までは母乳のみ

6ヶ月まで、赤ちゃんは母乳だけを飲んでいればOKです。

果汁とか湯冷ましとかは必要ない、って話です。

6ヶ月を越えてくると、母乳だけだと栄養が不足してきます。

こんな感じ。このギャップを埋めるために補完食でカロリーと栄養を補うんですね。

おかゆ・野菜・白身魚という離乳食の進め方だと栄養素不足かも?

助産師さんの指導でも、離乳食の本を読んでも、離乳食は10倍粥からスタートしてください!って言われますよね。

 

10倍粥が食べられるようになったら次のステージ、野菜のすりつぶしたもの。

 

一か月くらいしてすりつぶした野菜ペーストが食べられるようになったら、たんぱく質を試してみる。まずは白身魚から。

おかゆの方も、10倍粥の次は7倍粥、5倍粥・・・と進めていきます。

 

でもこれ、WHO基準に照らせば、ちょっと違うのでは?って話です。

 

何故かというと、栄養の密度が低く、エネルギー(カロリー)が低すぎるから。

10倍粥のカロリーは0.35kcal

6ヶ月の赤ちゃんが母乳以外で必要とするカロリー200kcalを満たそうとすると、10倍粥なら約570g食べないといけない計算です。

200mlのコップで約3杯です。わーお。とても無理!!

補完食のポイント

補完食、というのも馴染みがなくてピンとこないので、以下「補完食」=「離乳食」として説明します。

何を食べさせればいいの?

離乳食では、主食、たんぱく質はもちろん意識しますよね。

それに加えて、注意すべきなのは微量栄養素です。

  • 亜鉛
  • カルシウム
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • 葉酸

なかでも最も満たしにくいのが鉄です。

レバーが推奨されているようです。葉酸も摂れるし。

離乳食における脂肪の摂取量

びっくりしたのは脂肪の割合です。
母乳と補完食をあわせた総摂取カロリーのうち、30-45%は脂肪で摂ること!

でも45%以上にはしないように、とのことです。

 

それってどれくらい?

12か月児の場合で計算してみました。

 

 

脂肪の必要量は900kcal x (30%~45%) = 270~405kcal。

母乳中脂肪量3.68g/100g

https://unit.aist.go.jp/riss/crm/exposurefactors/documents/factor/body/mothermilk_fat.pdf

脂肪1gは9kcal。

母乳はほぼ、1g=1mlとみなしていいんだそうです。

12か月児が1日に飲む母乳380mlは 0.8 x 380 = 304 kcal。

母乳中の脂肪は 13.984gx 9kcal =約125kcal

 

ということは母乳以外で約145~380kcal、つまり16~42gの脂肪を摂取する必要があるということになります。

ふるやなふるやな

離乳食ではなるべく脂質カットしてました。肉の脂身は丁寧に取り除いてました。脂質も結構必要だなんて衝撃的です。

 

うちの子食べ過ぎ?小食すぎ?

子供が1回に食べられる量は、体重1kgあたり30mlと言われています。
8kgだと240ml。

1回に240mlしか食べられないので、1日に必要なカロリーや栄養素を何度かにわけて与える必要があるってことです。

おやつに甘いもの、とか言ってる場合じゃないってことですね。

どのくらい食べさせたらいいの?

だいたいどれくらい?というのをまとめた表がこちらです。

年齢 母乳に加えて必要なカロリー(1日あたり) 回数 平均的な食事量
6-8ヶ月 200kcal 1日2〜3回 大さじ2~3杯から始め、徐々に1/2カップ
9〜11ヶ月 300kcal 1日3〜4食

子供の食欲に応じて1~2回の軽食

1/2カップ
12〜23ヶ月 550 kcal 1日3〜4食

子供の食欲に応じて1~2回の軽食

3/4~1カップ

※1カップ=250ml

 

ちなみにこの表は、食事のエネルギー密度が約0.8〜1.0 kcal / gの場合です。

それ以下の場合は、食べる量を増やさなければなりません。

母乳のカロリーが0.8kcalなので、母乳以上にエネルギー密度の濃いものを、ということですね。

ふるやなふるやな


離乳食のカロリーとか気にしたことなかった!!

まとめ

日本式の離乳食の進め方でいくと、問題点がいくつかあるのではと考えられます。

  1. おかゆはカロリー密度が低すぎる。
  2. 肉・魚を与え始めるタイミングが遅いので、蓄積タイプのビタミンが不足しがち。
  3. 油を控えることで、脂溶性のビタミンの吸収率がダウン。
  4. アレルギー対応で新しい食材を一つずつ試すので、栄養の多様性に欠ける。

WHOの推奨する補完食の考え方はシンプルです。

栄養密度の高いものを与えましょう!食べさせられる固さでね、という感じです。

もっと詳しく知りたい!というあなたには下記サイトをご参照ください。

英語原文で読める方はこちらを参照に。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK148957/

日本語訳では日本ラクテーション・コンサルタント協会のものが読みやすかったです。
http://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/66389/WHO_NHD_00.1_jpn.pdf?sequence=2

母乳と補完食について勉強になったのがこちら。

WHOのレシピは簡単で栄養豊富!離乳食の与え方

 

当サイト人気NO1!シール貼り台紙の無料ダウンロードはこちら

管理人”こども研究家ふるやな”はこんな人?
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク