子供の虫歯をなんとかしたい!

こんにちは。こども研究家のふるやなです。

半年ぶりに歯医者に行ったら、初期虫歯4本だと言われました。

いくら授乳中とはいえ、半年でそんなに虫歯できる!?

 

削るのは嫌。

何とか再石灰化させられないものか。

 

悩んでいろいろ調べていたら、こんな素敵に衝撃的な本に出合いました。

 

内容(「BOOK」データベースより)
現代文明と接触し食生活が「近代化」しはじめたとたん、先住民族の口腔や顎の構造がどんなに打撃を受け、劣化しはじめるか。―1930年代に世界各地で10数年にわたるフィールドワークをつみ重ね、その事実を明らかにして現代人の食生活に警鐘を鳴らしたウェストン・プライス博士の記念碑的「古典的名著」が、いま、読みやすい形で日本人に提供される。

この「食生活と身体の退化―先住民の伝統食と近代食その身体への驚くべき影響」という本に基づいて、歯の再石灰化を促す食べ物についてご紹介します。

スポンサーリンク



歯の再石灰化を促す食べ物とは?

結論から言えば、歯の再石灰化を促す方法の注意点は以下の2つです。

  • 糖類と炭水化物の接種を控えること
  • 脂溶性のビタミン・ミネラルを豊富に摂ること

そのためには、グラスフェッドバター(ギー)と鱈の肝油を同量混ぜたもの毎食小さじ半分食べることが勧められています。

 

どういうことなのか説明していきますね。

 

虫歯は、ビタミン・ミネラル不足のあらわれです。

 

プライス博士は、世界中いろいろな先住民の歯を検査しています。

虫歯が少なく、身体が丈夫な先住民の食生活は、海産物・乳製品・動物の内蔵に頼っていることがわかりました。

近代的な食生活に変わったとたん虫歯は増えるのですが、もとの食生活に戻ると虫歯の進行は止まっていたそうです。

栄養の内容を先住民の場合のようにすぐれたものにすれば、象牙質の脱灰によって歯髄腔に穴が開いても、唾液によって石化された象牙質とは全く異なった新しい象牙質層が作られ,歯髄組織が覆われて,病菌侵入の危険は完全な防壁によって防止されるのである。 236p

希望が見えてきますよね!!

再石灰化とはちょっと違うかもしれませんが、虫歯の進行は止まるわけです。

 

では、先住民の食生活ってどんなものを食べているんでしょうか?

本では様々に描かれていますが、大きくわけると重要なものは海産物・乳製品・動物の内蔵です。

海産物

研究を行ったすべての先住民社会のうち,豊富な海産物にあずかっていた人たちは,ミネラル,その中でもとりわけリン分を手軽に,しかも,十分摂っていたようだ 239p

海の近くにある、先住民の学校の話です。学校がお昼休みになると生徒達は外にかけだし、海に飛び込むグループと海岸で火をおこすグループと2つにわかれます。そして、とれたてのエビや魚や貝を焼いて昼食にするのだとか。

なんだか、とっても、贅沢でうらやましいですね!

乳製品

牧草をふんだんに食べた、放牧牛のバターには歯の再石灰化を促す成分が含まれているそうです。

グラスフェッドバター、という名前でネットで購入できます。

以前、テレビのイッテQでも、イモトと天国じじいがコーヒーに入れて飲んでいました。シリコンバレー式「完全無欠コーヒー」でも有名ですね。

 

牛舎で穀物を食べて育った(グレインフェッド)牛と、放牧されて青草をふんだんに食べた(グラスフェッド)の牛では肉質もバターの成分も全然違うそうです。放牧牛の圧勝です。

動物の内蔵

先住民の食事内容のなかで注目すべきなのは、肝臓や骨髄など、動物の肉よりも内蔵がよく使われていたことです。

 

同じアラスカに住んでいても、肉だけを食べていた白人は全員へろへろ、死亡者続出。

内臓やクジラの皮の内側、アザラシの脂などを食べていた先住民のイヌイットはみんな元気で丈夫。なんてこともあります。

肉部分に比べ、脂溶性のビタミンやミネラルが豊富に含まれているからです。

 

イヌイットの歯はすり減って短くなっていることが多いのですが、それでも食事がきちんとしている限りは虫歯にはなりません。

しかし近代的な食事を始めた途端に、それまでどんなに歯が丈夫であっても虫歯が見られるようになります。

 

でも、現代の日本でアザラシの脂を食べよう!なんて訳にもいきません。

今の私たちが歯の石灰化を促し、虫歯の進行を止めるにはどんなものを食べればいいのでしょうか?

歯の再石灰化を促すには何を食べればいいの?

プライス博士は現代でも、栄養を強化することによって虫歯の進行が止まることを実験で証明しています。

 

1930年代の話ですが、不況のあおりで食事も満足にとれない子供たちが社会救済施設に連れてこられました。

貧しい彼らの家での食事内容はこんな感じ。

  • 砂糖たっぷりのコーヒー
  • 精白パン
  • ホットケーキ
  • 糖蜜
  • ドーナツなど

いかにも虫歯になりそうですよね。

 

彼らは週6回、プライス博士のもとで昼食を与えられました。

昼食メニュー

  • トマトかオレンジのジュースを120g
  • 天然肝油と高ビタミン・バターを同量混ぜたものを1さじ
  • 牛の骨髄と柔らかい肉を似た野菜スープ 470ml(日によって魚のチャウダーや動物の内蔵)
  • 少量の砂糖で似た果物
  • 高ビタミン・バターを塗ったひきたての全粒麦で作ったロールパン
  • 全乳 コップ2杯

計測したところ、このメニュー1食分で1.48gのカルシウム、1.28gのリンが含まれていました。

その結果、彼らの虫歯には歯髄組織に新しい象牙質ができ、その中に歯髄が入るようになったのです。唾液の質も改善されました。

 

つまり、栄養が十分に満たされば虫歯の進行は止めることができる、ということです!

虫歯の患者に賦活成分X を豊富に含んだバターを与えると、唾液の化学成分の著しい変化と好酸性乳酸菌の減少がもたらされる。

賦活成分Xを豊富に含むのは通常のバターよりもグラスフェッドバターだということが書かれています。

さらに、グラスフェッドバターを加熱して遠心分離させたものと、鱈の肝油を同量混ぜると、バターだけよりもさらに効果があるそうです。

最低限、ギーと鱈の肝油を調達すればいいんですね!

1930年代当時は栄養学も分析方法もまだまだ未発達で、賦活成分xは何なのかわかりませんでした。現在では、この成分はビタミンDではないかと言われています。

まとめ

歯の再石灰化を促し、虫歯の進行をとめる食べ物は主に以下の3種類。

  • 海産物
  • 乳製品
  • 動物の内蔵

これらに含まれる脂溶性のビタミン・ミネラルが唾液の質を改善し、歯の再石灰化・修復を促進してくれます。

すぐにできる方法は、糖類と炭水化物の接種を控え、グラスフェッドバター(ギー)と鱈の肝油を同量混ぜたものを毎食小さじ半分食べること。

鱈の肝油は酸化しやすく、多量に摂取することで毒にもなるので要注意!

ふるやなふるやな

人によって持病や体調、体質など異なります。詳細はお医者さんに相談してくださいね。

ギー・鱈の肝油の入手方法

ギーとか鱈の肝油とか、どこで買えるの?というあなたにおすすめなのがこちら。

 

 

私のおすすめの購入先は、アイハーブです。サプリに詳しければ、聞いたことおありかもしれません。

Amazonでも買えることは買えますが、かなりイイお値段のものばかり。

 

アイハーブはアメリカの会社ですが、最初から最後まで日本語で取引できます。普通の日本語の通販と同じ感覚です。10回以上購入していますが、一度もトラブルになったことはありません。
とても海外らしいダンボール箱で届きます。アメリカから荷物が届くなんて、ちょっとテンションあがりますよー(笑)

40ドル(約4500円)以上購入すれば、なんと送料無料です。アメリカからなのにすごい。
さらに、初回注文は10ドル割引、つまり約1130円割引。

加えて、注文の際、私の紹介コード「APL9034」を入力してもらえればさらに10%オフ!
このリンクからアイハーブにアクセスしてお買い物すれば、入力しなくても10%オフが適用されます。

 

特に初回割引の威力はすごいので、お試しだけでもしてみる価値アリですよ♪

 

ただし一回の購入合計が15500円を超えてしまうと課税対象になるのでお気を付けて!

 

めちゃめちゃアイハーブを売り込んでいる記事になってしまいました(笑)
何故ならこのリンクからアイハーブにとんでお買い物してもらえたら、私にも紹介クレジットが10%もらえるから。

ただ、虫歯予防に役立つ栄養は他の通販よりアイハーブが買いやすい、というだけの話です。どこで買っても効果は同じかと思いますので、お気を悪くされたらごめんなさい。

当サイト人気NO1!シール貼り台紙の無料ダウンロードはこちら

管理人”こども研究家ふるやな”はこんな人?
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク