こんにちは。こども研究家のふるやなです。

ジーンライフのテレビCMが始まりましたね!

テレビCMで気になって、検索からこの記事を読んでくださっているあなた。

ジーンライフ、いろんな商品があって気になるけど、どれが一番いいんだろう?

私も申し込んだ、最もコスパのいい遺伝子検査キットをおすすめします。

それではさっそく行ってみましょう!

スポンサーリンク



遺伝子検査のおすすめはジーンライフプレミアム

結論からいいますと、遺伝子検査キットの中では、コスパ・検査項目が世界最多のジーンライフプレミアムがおすすめです。私が申し込んだのもこれです。

でも検査結果がわかるのに6ヶ月かかるので、手っ取り早く検査結果を知りたいあなたにはGenesis2.0をおすすめ。公式サイトはこちらです。↓↓
がんや生活習慣病などを自宅にいながらチェックできる遺伝子検査キット

ジーンライフとは?

ジーンライフは、国内シェア70%を占める、日本の遺伝子検査会社です。国内トップシェアなだけでなく、
海外にも進出しています。タイ、香港、シンガポールなど現在8か国でも検査キットを販売。

2018年9月時点で、解析総数は60万人を超えています。

通常、遺伝子検査の通知の際には精密検査や治療にかかわるコメントはできないことになっています。医療法違反にあたるから。そこで、医療へのワンストップサービスを進めるため、病院が開設されました。ここではさらに本格的な遺伝子検査やカウンセリングを受けられるようです。

そこまでは求めていないけど、店舗(病院)が実在するのはなんだか安心。

遺伝子検査というと中国の検査機関に送られるものも多いなか、日本国内の研究所で検査してくれるところも安心材料のひとつですね。

ジーンライフプレミアムとGenesis2.0の違いは?

Genesis2.0

ジーンライフの一押しは世界最多360項目を解析できる遺伝子検査キット [ GeneLife Genesis ]
。遺伝子検査キットでは国内トップシェア。

Genesis2.0の検査項目

  • 生活習慣病のリスクの高さ
  • 各種がんのリスクの高さ
  • 心筋梗塞のリスクの高さ
  • 2型糖尿病のリスクの高さ
  • 高血圧のリスクの高さ
  • 最適なダイエット方法
  • 肌質にあったスキンケア方法
  • 祖先のルーツ
  • アルコール代謝
  • アレルギー体質
  • 筋肉の発達
  • 長寿
  • ・・・などなど全360項目

360項目、すべての結果が出るまでは約1か月です。

気になるお値段は、今なら期間限定で19800円。(いつまで割引なのかはわかりません。)

あれ。でも今見ると、公式サイトよりもAmazonの方がお安いですよ!

ただ、ちょっと待ってください、安さ重視ならもっといいやつがあるんです。それが、ジーンライフプレミアム。

ジーンライフプレミアム

ジーンライフには、他にも性格や能力など87項目を診断してくれる「Myself2.0」という商品があります。

ジーンライフプレミアムは「Genesis2.0」と「Myself2.0」をあわせたもの。ジーンライフのフルコースです。

それでいて価格は「Genesis2.0」の半額以下!

え、私だまされてる?見間違い?

ジーンライフプレミアムと「Genesis2.0」の違いを問い合わせてみました

気になるジーンライフプレミアムと「Genesis2.0」の違いをジーンライフに問い合わせてみました。

結果やっぱり、ジーンライフプレミアム=Genesis2.0 + Myself2.0 で間違いありませんでした。

それなのに何故安いの?と聞いたところ、2つ理由があるんだそうです。

  • ジーンライフプレミアムは、結果をすべて知るのに6ヶ月かかる
  • 次の年からは年会費9980円かかる

遺伝子検査は発展段階なので、次々と新しい研究結果が出ているのだそうです。プレミアム会員になっておけば、新しい研究結果が出た際には、そのつど診断結果がアップグレードされる、とのこと。【GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)】
などだと単発の検査なので、得られた結果が将来的に変わる可能性も否定できないんですね。

 

遺伝子データを取っておいてもらって、その時点の最新情報を反映させていくために、プレミアムコースがあるそうです。
それでも現在の結果を知るだけでよければ、一番お得。初年度だけで退会しても、追加費用は一切かかりません。また、一定期間の後に検査内容は廃棄されるそうです。
ちなみに、プレミアムは公式サイトからでないと購入できません。

私が遺伝子検査をしようと思った理由

遺伝子検査の注意点

    • 知ってしまったら後戻りできない
    • それでも、遺伝子は後天的にオンオフが可能
    • 究極の個人情報を検査会社に渡してしまうことになる

統計的にリスクが高いか低いかを判断して「この遺伝子を持っている人は、こういう傾向がある」と教えてくれるものなので、判定は絶対ではありません。

統計データと比較する、ということは、病気のリスク判定はその検査会社が持っているデータ次第、ということになります。いくつか遺伝子検査をやって比較してみた人によれば、検査会社によって「同じ結果もあれば、全然違う結果もある」そうです。

それでも何故やろうと思ったかと言えば、自分の身体を今後どんなふうに使っていけば、人生がより良いものになるのかな、という興味を満たしてくれそうだったから

糖質制限をやったり、栄養学について勉強するにつれ、自分の体質をもっと知りたいと思うようになったんです。脂質代謝が得意なのか、糖質代謝が得意なのかを知るだけでも、今後の食生活をどうするかの参考になるじゃないですか。食事で人生を変えられるなら、遺伝子検査は安い投資ではないかと。どうせ調べるなら項目は多い方がいいですよね。

遺伝子情報は究極の個人情報だけど、犯行現場に落ちている髪の毛からもDNAが検出できる時代です。誰かが悪用しようと思えば、他人の遺伝子検査もできてしまうんじゃないかな。まぁ、隠しても意味ない、というかやるメリットの方が大きいと私は判断しました。

まだ研究段階ですが、環境や栄養を変えることによって、その遺伝子を作動させるかどうかをコントロールすることもできるそうですよ。

自閉症やダウン症は遺伝子異常と言われていますが、適切なビタミンを補給することで、かなりの改善が見込めるそうです。

他にはどんな遺伝子検査会社があるの?

MYCODE

こちらも大手、DeNAが行っているのが【MYCODE】

検査項目は最大280項目。ジーンライフよりちょっと少ないですね。
病気と体質の遺伝的傾向がわかり、結果に基づいて医師や管理栄養士監修の生活習慣アドバイスがもらえます。レポートの見方や結果の解釈の仕方について、遺伝カウンセラーに無料で相談することも可能。

ヤフー

あのヤフーが展開しているのが、HealthData Lab

検査項目は最大290項目。約110項目の病気発症リスクと約180項目の体質がわかります。

ジーンライフ、マイコードは自社解析ですが、ヤフーはジーンクエストという解析会社に委託しています。

ジーンクエストの方でも遺伝子検査キットが販売されています。ジーンクエストの方が高いですが、一度買えばずっとアップグレードされていくシステム。

ショウイン

気になってくるのが、子供の遺伝子検査をどうするか。
ジーンライフは18歳未満禁止。【MYCODE】は20歳以上。

興味はあるものの、倫理的にもちょっと抵抗があります。でも興味はある。

「知らなきゃよかった・・・!」ができないので、大人以上に慎重にならないといけない問題だと思います。

私の場合は、「あなたは遺伝子的にこうなのよ!」と決めつけて育てない、という自信がないので、とりあえず保留。

子供の遺伝子検査をできる検査会社の紹介だけしておきます。

【GIQ子ども能力遺伝子検査】

記憶力遺伝子の結果に基づき、才能を育てる学習法を提案してくれます。どんな学習法が向いているのかを早めに知れるのはいいことかもしれません。

やった人によれば、フルバージョンを頼まないと意味ないそうです。しかしちょっとお高いな!

まとめ

遺伝子検査キットについてまとめてきましたが、いかがでしょうか。遺伝子検査については様々な意見があると思います。

 

今後遺伝子検査がもっと一般的なものになってくれば、病気リスクの高い人は保険金額が高くなる、という予想もあります。遺伝子検査をやっている人は2017年時点で日本全国1.27億人の0.6%。やるなら今のうちかもしれませんね。

 

映画「ガタカ」では遺伝子検査ですべての人類が選別される社会が描かれていますが、ガタカ的な世界が実際にきてもおかしくないのかも?

 

アフィリエイト的には利益ゼロなんですが、私のおすすめはジーンライフプレミアムです。私自身もプレミアムを申し込みました。現在、唾液を送って、検査待ちです。いや、そわそわしますね!

当サイト人気NO1!シール貼り台紙の無料ダウンロードはこちら

管理人”こども研究家ふるやな”はこんな人?
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク